飲食店営業許可 申請代行 横浜 川崎 相模原

融資申請書類作成

深夜種類営業許可

開業資金の調達についてもご相談ください

開業資金をすべて自己資金で準備できれば問題ありませんが、そのような方は滅多にいません。
そこで自己資金が足りない場合には、政策金融公庫(政策公庫)などから公的融資を受けることをぜひ検討しましょう。



あなたのような新規開業者に適した公的融資として、政策公庫が実施している「新創業融資」があります。
この融資は利息も安く、返済期間も長期にわたるので、新規開業者の強い味方といえます。



さて、公的融資の申込みに当たっては、事業計画書や資金計画書など多くの書類を作成する必要があるほか、相手から融資を引き出すためのノウハウも必要となります。


当事務所では、事業計画書などの書類の作成代行や、融資担当者から融資を引き出すための面談テクニックのアドバイスなど、公的融資をより確実に受けるためのサポートサービスもご提供しております。


もし、自己資金の不足をどうやって補うかでお悩みの場合には、ぜひ当事務所にご相談ください。


なお、融資書類作成・事業計画書作成に関する専門ウェブサイトを別に立ち上げておりますのでそちらもご覧頂ければ幸いです。

http://kariruzo.info/

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional