飲食店営業許可 申請代行 横浜 川崎 相模原

深夜種類営業許可

サービス提供の流れ

バー・スナック・居酒屋の開業もお任せ

さて、バーやスナック、居酒屋など深夜0時以降に酒類を提供する飲食店を開業するときには、飲食業許可の取得後、警察署に営業開始の10日前までに「深夜酒類提供飲食店営業開始届」を提出しなければなりません。

、クラブやキャバクラ、ホストクラブの開業もお任せ

また、クラブやキャバクラ、ホストクラブなどの風俗営業のお店も酒食を提供する以上、飲食店に含まれます。
ですので、開業する際にはまず飲食店営業許可を取得した後で、風俗営業(2号)許可を取得する必要があります。
こちらも、許可を受けずに営業すると無許可営業として罰則の適用があります。

そこで当事務所では、こうした深夜酒類提供飲食店、風俗営業店についても「深夜酒類提供飲食店開業手続き代行サービス」「風俗営業(2号)許可申請代行サービス」をご提供しております。


豊富な実績に裏打ちされたサービスです。どうぞ安心してご利用ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional